首輪   機能   仮想フェンス   首輪の動作   インターフェイス   ソフトウェア   FAQ  
センサー   加速度計   外部センサー   カメラ   IDタグ   ビーコン   無線通信   ベルト   バッテリー   ドロップオフ  

トップ > 製品情報 > 機能 > ドロップオフ

ドロップオフ機能

首輪を装着した動物から再捕獲することなく首輪を回収するための手段として、VERTEX首輪には3種類のドロップオフ機能があります。

脱落装置付きGPS首輪のご購入についての注意事項

•  タイマー方式

最大5年の間で時間を設定してドロップオフを行う方式。以下の2つの設定方法があります。

相対時間モード ドロップオフのマグネットスイッチを外してから、ユーザーがあらかじめ設定した時間が経過すると脱落が実行されます。

絶対時間モード ユーザーがあらかじめ設定した日時に脱落が実行されます。
•  無線/タイマー方式

上記のタイマー方式に加え、首輪を装着した動物が周囲500メートル以内にいる場合に、専用レシーバーを使用してドロップオフコマンドを無線で送信して脱落を実行させます。この機能の最大寿命は4年です。

ドロップオフオプションはバッテリーパックに格納されるため、この機能を追加することによって外見上首輪に何か変化があるということはありませんし、装着した動物に害を与えることもありません。

タイマー方式では、「分」や「日」ではなく「時間」によって脱落のタイミングを設定します(例:720時間=30日)。設定できる最短時間は5日です。タイマーの時間設定は、UHFターミナルやドロップオフ専用レシーバーを使って無線で再設定を行うことができます。無線方式のドロップオフには、UHFターミナルかドロップオフ専用レシーバーか、どちらかが必ず必要となります。

首輪にUHF無線オプションを使わないなどの理由でUHFターミナルが必要でないユーザーのために、ドロップオフ専用レシーバーがあり、以下の機能が使用できます。

  • 数センチ以内にある首輪の、ドロップオフ方式やソフトウェアのバージョン情報の読み込み。
  • 数センチ以内にある首輪への、新規のドロップオフ方式の設定の送信。
  • 500メートル以内にある無線方式の首輪への脱落信号の送信。
  • 接近感知機能で使われるUHFタグのID信号の受信。

ドロップオフ専用レシーバーが無い場合、タイマー式ドロップオフのタイマー設定を変更することができません。現在のところUHF無線通信用ターミナルでは変更できません。ご注意ください。

タイマー方式 無線/タイマー方式
寿命 製造から5年間 製造から4年間
外形 バッテリーパックに格納 バッテリーパックに格納
重さ 70グラム 70グラム
相対時間設定での時間単位 1時間 1時間
絶対時間設定での時間単位 1秒 1秒
時間設定 UHFターミナルまたはドロップオフ専用レシーバーを使用して設定
動作温度 -40℃〜+70℃ -40℃〜+70℃
•  コットン方式

バッテリとベルトの接続部にコットン素材の留め具(右図参照)を挟み込みます。このコットン素材は時間の経過とともに環境や動物の動作などの外的要因により劣化し、やがて千切れることで首輪を脱落させることができます。火薬を使用していないため、上記2つの方法と違い火薬類の手続きは必要ありません。

コットン素材を重ね合わせることである程度の強度の調整は可能ですが、首輪がいつ脱落するかを正確に設定することはできません。

→保証について
Copyright © TIMBERTECH Co.,Ltd. All Rights Reserved.